no more nikibi

Just another WordPress site

ニキビ跡について説明をします

ニキビ跡とは何かというと、ニキビが治った時に残る後です。つまり傷痕のようなものです。

ニキビに悩んでさらにニキビ跡で悩まなければならないという2重の攻め方をしてくるのです。これは困ったのもですね。ニキビですでに限界まで悩んだのにニキビ跡で悩まなければならないのですから大変です。

私はニキビさえ治れば元気になれると思っていたのにニキビ跡が出来てしまって落ち込んでしまいました。

そもそも、肌の状態を気にしすぎるのが良くないのかもしれません。日本人は自分の顔にコンプレックスがある人が多いようです。テレビを見るとみんな肌が綺麗なので、自分だけが異端なのではないかと思ってしまうのです。でもそのような事は無いのですよね。

テレビは肌がきれいな人だけでが出ているのです。実際に自分の肌はそこまできれいではないという事は無いと思います。コンプレックスなのですよね。そう思ったら頑張ろうという気持ちになりました。

肌のきれいさでは芸能人には勝てませんが、勉強などでは勝てると思います。そう思って生きていくのが良いでしょう。

そうしたらそのうちニキビ跡も治るというものです。悩み過ぎるという性格自体がニキビの影響だったのかもしれませんね。

ニキビ跡参考サイト→ニキビ跡を消す治療方法!クレーターや色素沈着を治す!(http://xn--88j5i9c7a5457cs1iify8cs26bv57c.net/)


ガチャガチャがやめられない

私は今ガチャガチャにハマっています。いや、正確にはハマりつつあると言った方が正しいのかもしれません。現在2週間に1回のペースで購入しています。場所は大体決まっていて、大手ブックチェーン店の入り口にあるガチャガチャのコーナーでハンドルを回します。

ガチャガチャにハマッたきっかけは、以前見ていたアニメのキャラクターのガチャガチャを偶然見つけ、これもたまたまポケットに入っていた200円でガチャした事からでした。私は元々飽きっぽい性格で、この時も1回だけのつもりでしたが、今では通い始めて1年以上になりました。

「なぜ続いているんだろう」と考えますと、ありきたりですが「シリーズ物」だからでしょう。同じキャラクターでもすぐに別バージョンが登場するので、つい揃えたくなってしまうのです。そして気がついたら全種類揃えなくてはいられない衝動に駆られハマって行きました。
いい歳したオッサンが2週間に一度、決まってやって来てガチャガチャをしている姿は、傍から見ればちょっと怖く映るかもしれませ。

私が子どもの頃からガチャガチャはあり、当時は確か10円20円で、中身もオマケ的な物が多かったように思います。ところが、現代のガチャガチャは明らかにオトナをターゲットにした、図鑑からそのまま出て来た様なリアルな昆虫や動物、それとは正反対なシュールな造形の物や、疲れたサラリーマンやOLをモチーフにした物まで実に面白く、オトナ心をくすぐられる物ばかりでハマるのも納得です。

今のクオリティーのガチャガチャがこれから先も発売されれば、ハマる大人はまだまだ増えるでしょう。私の依存症も益々重症になりそうです。


ドラマ「アルジャーノンに花束を」最終回

4月から始まった、TBS系列のドラマ「アルジャーノンに花束を」がいよいよ最終回を迎えてしまいます。

ここ最近私は、あまりお気に入りのドラマがありませんでした。新しいドラマが始まっても第1話は見てみるのですが、第2話からはほとんど見なくなってしまっていました。

それがこの「アルジャーノンに花束を」だけは違っていたのです。

毎週録画をして、リアルタイムで観ていました。山下智久さんが演じる白鳥咲人くんがとても愛くるしくて可愛くて、メロメロになってしまいました。

そしてその咲人の仲間である柳川くんや桧山くんとの兼ね合いが面白く、またとても温かいのです。今の現代では忘れられている、人間愛や思いやり、優しさ、仲間への思いなど、たくさんの大切なものが描かれたドラマなのです。

咲人は生まれつきの知的障害を持っており、そのため一番愛されたいはずの実母から拒絶され、それでも優しくて咲人をとても愛してくれる父親(いしだ壱成さん)に笑顔でいることの素晴らしさを教えてもらい育っていきます。

しかし、その父親も病気で亡くなってしまい、咲人は父親の後輩に預けられます。その預けられた後輩が経営している花屋さんで、咲人は仲間と出会います。

ここでも仲間って何なんだろうって考えさせられます。それから手術をすることで天才にクールになった咲人は、山下智久さんが演じていることもあり美しく素敵な大人へと変貌していきます。仲間への思いがねじれてしまったこともあるのですが、元の優しい思いやりのある咲人に戻ってからの最終回。

手術後も継続的に使用していた薬の副作用が見られるようになり、今後また元の咲人に戻ってしまうのか?予告では森の中で横たわっている咲人が、、。とても気になります。最終回が来ることがこんなに悲しいドラマは本当に初めてです。


意外とかかる現金書留

親戚の夫婦に待望の子供が生まれたという事で連絡を受けましたが、住んでいるところが遠い為にお祝いを現金書留で送ることにしました。
色々と準備してからいざ郵便局へ向かいました。
まずは現金封筒(売価21円)を郵便局で購入し、必要事項を記入して(送り先等)窓口へ持って行きました。
そして送料の支払いですが、そんなに取られないと思って金額を聞いたらエッとなる金額でした。
細かい数字は出しませんが、500円以上かかりました。
現金を送るときは結構金額がかかるんですね。
まあ確かに大事な物を郵送するわけですからそれなりにしっかりとしているのでしょうけど、普通の郵便の金額を考えると約5倍くらいの値段になります。
因みに距離は関係ないかもしれません。
初めて利用したのですが、思った以上に送料で使用する事になって若干驚いています。
これから利用する事があったらそういう点も考えておかないといけないですね。
郵便なので小銭しか持って行っておらずに少し焦りましたが、ギリギリ足りて良かったです。
もし小銭の持ち合わせが少なかったら家に一度戻ってまた郵便局にまで出向かないいけないところでした。
もしも同じように利用する方がいましたら、送料が結構かかるという事を知っておいた方がいいですよ。


いろいろ試した私のお勧め『メンズビオレ』

学生の頃はバレー一筋さん 男 20代 会社員 脂性肌

私が中学生の頃、部活動で大量に汗をかき青春のシンボルであるニキビが目立ち始めました。
当時は母の勧めで通販の、ニキビ用洗顔を利用していましたが体に合わなかったのか一向に減る気配がありませんでした。

高い商品がすべていいわけではないのかなと思い、近所のドラッグストアでシャンプーを買いに行くついでに洗顔フォームを見ていると低価格でニキビに最適というPOPに目を引かれ『メンズビオレ』を手にしてついつい購入してしまいました。

何気に安価な商品なので回数も気にせず気なると洗顔をする癖がつき日に日に減ってきました。ニキビは顔の皮脂が原因といわれがちなので毎度のように洗顔をし清潔に保つことでできにくい顔になってきたのかと思います。

つまり安価な商品でもしっかりと洗顔をし清潔にできればニキビは怖くないということだとわかりました。

いい薬品は高いので使うと時に渋ってしまうのですが安価品でもこういう使い方をすれば効果がでるのだと私の体を持って証明できました。私はたまたま「メンズビオレ」にであいこういった手法をあみだしましたが個人差があるかと思いますが、皮膚科の先生いわく清潔にする努力をすれば何でもいいそうです。

むしろ若い頃の肌は再生能力が高いので変な薬品を使わないほうがいいとおっしゃっていました。これから思春期を迎えてニキビができ出す方には記憶の片隅にでも置いていただければ幸いです。

プロアクティブはブラシが付きがあるらしいので、それも良いかなとかなり迷いましたが、結果的にはメンズビオレにしてよかったと思います。

プロアクティブも効果があったかもしれませんが、買ってないのでなんとも言えません。だけど、売れてるし名前も有名なので、効果はあるんだろうなと思います。

あとは背中ニキビスプレーのシアクルという背中ニキビケアも評判が良いみたいで、迷いましたがシアクルの口コミなどで調べて良さそうでしたが、安いメンズビオレでも行けたのでよかったです。もしもまたニキビができるようなことがあればそれも試してみたいと思います。

シアクルなら背中ニキビや胸ニキビにも効果があるのではないかと思うので、非常に興味があります。

混合肌のニキビ対策化粧水

pipi 女 30代 会社員 混合肌 口コミ

私は混合肌で、水分が不足がちな肌をしています。
ニキビ用の化粧水は過剰な皮脂を抑えるため、さっぱりしたものが多いのですが、私がこのタイプの化粧水を使うと、水分が不足してしまい、余計肌荒れを起こしてしまいます。
混合肌の人のニキビケアには、保湿力の高さが化粧水選びの一つのポイントだと思います。

私が使ってみた中では、メナード「薬用ビューネ」が一番効果がありました。
みずみずしい感触ですが、乾燥することがなく、しっとりと肌を整えてくれます。
できてしまったニキビの炎症を抑える機能があり、ローションパックをして使うと、一晩で赤みがひいています。
肌荒れを防止する効果があるみたいで、この化粧品を使っている時は、飲み会続きでも荒れにくくなります。

ただ、お値段が高いので気軽に買えません。
160mlで6,300円はちょっと高いですよね。

お財布に余裕がない時は、手持ちの化粧水に化粧品の原液を入れて、バージョンアップさせています。
オードムーゲなどのシンプルでプチプライスな化粧水に、保湿効果のある「ヒアルロン酸」、ニキビに効果がある「ビタミンC誘導体」の原液を入れると、保湿力の高い、ニキビ用化粧品の完成です。
原液は1000円程度とリーズナブルなので、気兼ねなく投入することができますよ。


ニワトリモンスター

昨日帰宅してから、モンスターハンターについて話していました。
最初のクエストでのボス、イアンクック?をどうあがいても倒せない自分についてです。
最初は、どの武器が自分に合っているのか練習場で試しました。
私は、短刀を選びましていざ、ボス戦のスタート。
モンスターハンターは、体力ゲージを見ながらのバトルです。
私は気にせずガンガン、ボスに立ち向かって言っていましたが、見ていました熟練者から。
お前体力無いからとりあえず逃げて、体力を回復させろ、の指示がありましたので、逃げに入りました。
体力が無いので逃げられない上、逃げた方向が壁よって壁とボスに挟まれました。
ボスモンスターからの、火炎攻撃&壁で身動き取れない自分。
そして、アイルーに運ばれます。
この、アイルーの運び方が面白おかしかったです、台車に乗せられ運ばれた主人公はアイルーに、分投げられます。
試しに他の武器を使いました。
大剣・斧・ハンマーどれも、逃げた方向が壁そして、ボスの火炎攻撃・アイルーに投げられる。
負の連鎖より、笑いの連鎖。
熟練者がこの装備は最強だ!って言われました、弓矢の装備見事に、そこら辺に居ます。
大きなヤドカリにやられました。
熟練者からの一言、どうやったらそこら辺の弱いモンスターにやられるのだと、言われました。
私は、本気で戦ったが使い方わからねぇよと言い返し、熟練者に大爆笑されました。


休みの日に限って雨が降る

休みが不定期な仕事をしているのですが、何故か高確率で雨が降ります。
普段出来ていない家事をしたり、布団や大きい洗濯物を干したいのに雨が降ってしまうと何も出来ません。
天気が悪いというだけでテンションが下がるし、やる気があったのに空回る感じになります。

前日は天気が良くて少し暑いくらいだったのに、今日になっていきなり天気が崩れるのですから、何か罰が当たったのかと思います。
やりたいことが出来なくて何となく気分も下がって大人しく過ごす休日が多いです。

本当はもっと外に買い物に出たり、友達と遊んだりしたいのですが、雨が降ると外に出るのも億劫で結局一日家に篭ってしまいます。
家の中でゴロゴロするのは好きなのですが、何か人間的にダメな気がするのでできるだけ外出するようにしています。

人と関わるのは好きなのに、天気に左右されて気分の上がり下がりが激しいのは悪い癖だと思います。
次の休みも雨だったとしても、今度こそ外に出て買い物をしたいと思います。
大雨で布団が干せなくてもコインランドリーに行こうと思います。

友達と前々から約束しといて絶対出るようにしたいです。
仕事の時以外は家から出ないという半引きこもり状態を脱出したいです。


3月21日の日記

昨夜はかなり飲んで、今朝は10時に目が覚めた。さすが休日だ。これくらい寝倒さなくては休日とは言えない。
しばらくボケーっとしたあとで朝食にする。親子丼をゆっくり作ってゆっくり食べた。
残りの午前中はネットサーフィンに費やした。2時間なんてすぐに経ってしまう。まったくもって時間泥棒だ。
昼は鶏肉とキャベツのペペロンチーノにした。昨日鶏肉を買っておいてよかった。そしてなかなかうまくできた。どこも焦げていない。カレー皿に大盛りにして、ゆっくり食べた。
今日は天気がいい。この後どこか出かけようか。そういえばタバコを買いに行かなければならない。
サラダ油ももうすぐ無くなる。
夕方まで布団を干したり洗濯をしたり、その後は図書館で借りたDVDを見たりして過ごした。
気づけば7時になっている。もう真っ暗だが買い出しに行かなければならない。
近所だが遠いスーパーまで闇の中、自転車を走らせてタバコ、サラダ油、めんつゆ、キムチを買い揃えた。
明日のお昼は蕎麦にしよう。家を出る前に炊飯器をセットしておいたので、帰ってきてすぐに晩御飯にした。今夜はかに玉。少し焦げた。
ネットラジオを聴きながら食べ終わって風呂を沸かし、読書をした。休日といっても何かしらしているものだ。読書に興が乗り、結局夜半まで起きていた。


掃除

掃除をしよう、私は急にそう思いました。
まず手始めに部屋の片付けをしようと考えたのですが、それはかなり漠然としたものです。何から手をつけるべきか、まず最初にそれを考えるところからスタートする形になりました。
私は最初に何をするのかを決めるべく、部屋を見渡します。
散らかっているという感じのするところを探し、部屋の隅に目がいきます。それから、どうしてそこが散らかっていると感じるのかを考えてみると、物が多いからです。では、何があるのかと考えてみると、まずそこにあるものを頭の中でリストアップします。その中で不要だと思われるものといえば、ダンボールや空き箱のたぐいになるでしょう。
こうして私のまずかたづけるべきものが決まりました。
そう思うと、軍手やカッターナイフ、それとビニールひもなどを持ってきて、ダンボールなどをまとめる事にしました。
ダンボールはガムテープなどで四角く固定されているので展開しますが、1つ展開するだけならともかく、複数のガムテープを素手でひっぺがすとなると手先に負担がかかりますし、意外と時間がかかるものです。なのでカッターナイフを使い、更に手を切ってしまわないように軍手をつけます。
最後に、そうしてバラしたダンボールをひもでまとめます。
ダンボールを片付けるくらいどうって事ないや、と思いがちですが、やってみると案外時間がかかりますし、時間がかかればそれにつれて疲れてもきます。
まだまだ長くなりそうです。


3月23日の日記

朝、なんとか7時台に起きた。春眠暁を覚えずと言うが、とにかくだるい。やはりもっと早く就寝するべきだろう。
9時には家を出なければならないので、急いで朝ごはんにする。納豆とキムチ。味噌汁がないが致し方ない。
次いで鶏肉とキャベツを炒めて弁当を作る。髪も整えて準備万端。9時ジャストに家を出る。
月曜日は気が重い、などとぼやいている暇もない。とにかく遅刻せずに職場に着かなければ。
職場ではさして変わったこともなく、いつもの業務に従事した。昼ご飯を挟んで午後も戦う。そして退勤。
今日は帰りに父のマンションに寄らなければならない。約束は7時なので、それまで近所の図書館で時間を潰した。色んな身の上の人の間で読書をしながら、充実した時間が流れてゆく。
父のマンションには自転車で40分ほどだ。それくらいの時間を見計らって図書館を出た。
外に出ると既に夕闇が広がっている。夕闇の中、自転車を飛ばしてマンションに向かう。
マンションの近くではちょうど父が帰ってきたところだった。自転車を止めてマンションに入り、父に会う。
今週使った分のレシートを張り付けた家計簿を見せる。父はその分だけ財布から出すと私に渡した。
父との取り決めで、「私に酒を飲ませないために」こういう習慣にしている。今度は給料日に全額父に渡さなければならない。その夜のごはんは豚鍋にした。